So-net無料ブログ作成
検索選択

全英の奇跡 世界772位の対戦相手は誰だ? [スポーツ]

全英の奇跡 世界772位の対戦相手は誰だ?






ウィンブルドンでは、
わが日本人プロの錦織圭の勝敗に
一喜一憂が今の旬。


世界ランキング772位?って
出場できるの?


誰?


どうやって出ることができるの?


ロッキーのテーマを彷彿させる
全英の奇跡ともいわれた一人の男子選手に
今。注目が集まっています。


<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓














その選手は、地元イギリスでも話題です。

世界ランキング772位M・ウィリス(英国)。


ウィンブルドンの夢のセンターコートへ
足を踏みいれることができたのはなぜか。


M・ウィリスは、
グランドスラムはおろか、ATPツアーレベルでの試合経験もない。

そんな男が
世界第3シードのR・フェデラー(スイス)と戦いました。


未知との遭遇の第1セットは、世界のスピードについていけず、
第2セットで自身プレーを見いせ始めたウィルスは、ポイントを
かさねるごとに大声援が巻き起こります。

その後も自身の持てる最高のモチベーションを発揮するも、
フェデラーのギアアップの前には力尽きる。



現在25歳のウィリスは地元のテニススクールでテニスを教えるコーチを
やっているそうです。
収入も少ない、プロへの道もあきらめていたそんな矢先、ガールフレンドから
あきらめないでとの一言が彼をとどませた。


そこへ、ウィンブルドンのシングル予選のワイルドカード獲得のプレーオフへ
招待され、そこで3試合を勝ち抜き予選へ出場すると、その予選でも3試合で勝利を
飾り本選出場を果たす。


なんと
本選の1回戦をストレート勝ち。
観客は大歓声。勝利後に用意されたのは、一番大きな記者会見場。
「自分でも何が起きたのかわからない」と。

この勝利で5万ポンド(約680万円)を手にした。


2回戦は、ウィンブルドンを7度制したロジャー・フェデラー(スイス)。
フェデラーは「彼のような物語が僕たちの競技に必要なんだ。無名の選手の
活躍は男子テニスの層の厚さを示している。自分もすばらしいプレーをして、
みんなを楽しませたい」と語った。


しかし、夢の舞台の代償はウィリス
一つの目標として「勝てるコーチ」として今後、注目されることでしょう。



この記事を読んだ方は、 こちらの記事も合わせて読んでいます。 
  ↓ ↓
カビ肺炎にご用心!夏の必需品エアコンに原因? 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カビ肺炎にご用心!夏の必需品エアコンに原因? [健康]

カビ肺炎にご用心!夏の必需品エアコンに原因?






梅雨でジメジメ。梅雨明ければ今度は、
ウソでしょって、ぐらいの暑さ対策に追われます。

ジッとしていても喉は乾くわ、室内にいれば自然と
エアコンなしでは、いられません。



夏風邪は、そんなときに起こりやすいものです。
頭を洗ってそのまま、汗をかいても服はぬれっぱなし、
おまけにクーラーで、どんどん体を冷やしていきます。


油断するとあっという間にです。


<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓














カビ肺炎って?

あまり聞きなれないですよね。
梅雨の時期、お風呂場などじめじめしたところは、
掃除をまめにしないと、すぐにカビの原因になりますよね。


室内の喚起をよくしたい、しかし、開け閉めも湿気の原因と
窓の閉めっぱなしもわかります。

畳は畳が好きなカビが、風呂場は風呂場で、
いたるところにいろんな種類のカビが存在します。

そう油断すると食べ物や衣類もそうですよね。



先ほども少し出ましたが、
体を冷やす原因として、冷たい飲み物や水分摂取による汗、
暑さからくる汗、とにかく風呂入っても汗、汗。。
風呂上がりのぬれた頭皮。


だるさや疲れも増してきます。頭も体の中も外も冷やすことによる
気がつけば「夏風邪」にご用心です。


しかし、「夏風邪」と思っていたら実は・・


「カビ肺炎」かもしれません。


正式には「夏型過敏性肺炎」というらしいです。



夏の時期に咳が止まらなくてだるい症状が続くようであれば、

「カビ肺炎」を疑う必要があるかもしれません。




この肺炎は、身の回りの台所や浴室になどに繁殖する


トリコスポロンというカビ


知らず知らずに吸い込み、体内でアレルギー反応を起こして発症する肺炎の
ことをいうそうです。



主に6月~10月ごろまでの夏に発症することから「夏型過敏性肺炎」と
呼ばれいるそうです。




台所や浴室などに繁殖するカビと言いましたが、
もっとも繁殖しやすく拡散しやすい場所が、
「エアコン」ということです。



エアコン内部は湿気やすく、かつほぼ一年中使いっぱなしの
エアコン。そういう意味では一年中過敏性肺炎に注意が必要になります。



エアコンをつければ飛散も同時に行われていると
いってよいでしょう。




のどの痛みと咳


これが基本症状のようで、発熱もあることから夏風邪と
思う方もいるようです。



ひどくなると、食欲も落ち、子どもさんにおいては夜中に
咳が止まらないといったこともあるようです。



ただ、風邪とは違うので菌から離れると症状が無くなって
しまうようです。




飛び散った目に見えるカビ、もしくは見えないカビが存在しているので、
細目に毎日のお掃除が大切になってきます。



一年に一度は業者にお願いして、
エアコンの洗浄やクリーニングをしましょう。



この記事を読んだ方は、
こちらの記事も合わせて読んでいます。

 ↓ ↓

歩きスマホで、電車接触事故。危険知るもやめられないアホ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

歩きスマホで、電車接触事故。危険知るもやめられないアホ [社会]

歩きスマホで、電車接触事故。危険知るもやめられないアホ





歩きスマホ。

買い物の途中、歩きながら、自転車乗りながら、
座っても立っても。

あまりにも日常のごく普通の光景ですが、
人と接触寸前まで気づかず
歩きスマホ。


昔、歩きマンガで何度ウンコ踏んだものか。


今や、それどころの優しい話ではない。

いつどうなっても知らないと思ってたら、
電車と接触事故を起こす女子高生が。


<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓













25日、高3の女子生徒がホームに入ってきた
電車と接触事故を起こし、頭を打つ軽いけがをしたそうです。

防犯カメラや目撃証言では、
電車が近づく寸前までスマートフォンを操作していた可能性が
あるようです。


電車は42分の遅れを出すことになります。

42分の遅れがどれだけ他人に迷惑を及ぼすか。
どれだけの被害金を請求されるのか。

どれだけの影響がでるのか広がるのか。


一種の中毒だからやめられない。
サラ金に手を出すほどの事態にならないとわからないかも。
何かを失わないとやめられないもの。


早ければ小学生から持ってる子もいるでしょう。
安全対策のためといえば持たせる親御さんもいることでしょう。

時間や使い方のルールを設けないと、
どんどん押してはいけないものを、
ウイルスの侵入など使えなくなったり、
余計にお金がかかる事態になることでしょう。

一番怖いのは、「中毒」です。


便利だからとか、安全のためだとかわかるのですが、
ルールなくして「中毒」まっしぐらです。

スマホも、
パチンコやスロットなど賭け事にお金を使う額の大きい
状態になりかねません。そんな予備軍が育っていくのが怖いです。







目と耳はどこに?

ヘッドホーンをする人もいますし、
目も耳もスマホに集中している人もいます。


本人は当然気をつけていることでしょう。

車の運転中ではない、歩きだから、多少の危険は
避けることができると本人は思っていることでしょう。


一瞬の出来事なんです、事故というものは。

取り返しのつかないことがとても多いです。

時間とお金を奪われるものです。


歩きスマホ
通称「アホ」。
歩きスマホを略した安全啓発ポスターにも
使用される標語としてははまりすぎな感じですが、
本当にそうだと思いますよ。


自ら進んで事故を生む行為行動が
歩きスマホです。


・歩きながらしない。

・使用する際は立ち止まって。



車の運転中の移動電話と変わらない。いずれ
歩きスマホは罰金の対象になったりして。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「こだわり婚」が増加傾向、晩婚化との関係は? [社会]

「こだわり婚」が増加傾向、晩婚化との関係は?










「こだわり婚」って、
例えば、
食事に衣装にお持ち帰りの品などが豪華と
いうことでしょう。


過去を振り返れば、
有名芸能人やスポーツ選手の披露宴などが
思い起こされます。


〇億かかったとか、招待者の顔ぶれに、
テレビ新聞報道がにぎわう。


さて、
「こだわり婚」って、ごく一般の人のことだと思うけど、
なにをもって「こだわり」というんでしょう。


<注目キーワード>
 ↓ ↓ ↓







お名前.com





6月といえば「ジューンブライド」と
幸せな結婚、白のウェディングが似合う季節といったところでしょうか。

ブライダル業界はこぞって大展示会、大商談会の時期を迎えています。



プロポーズの瞬間をドローンで撮影したりなど、
あの手この手の大事な瞬間を映像化するなど
多種多様な演出が売りになっているようです。


一方、
晩婚化や少子高齢化といった時代の流れというべきか、
望むような結婚を望むほど婚期の遅れやしたくても、縁に
つながっていない傾向もあると思います。


しかし、
晩婚化が進むと経済的に余裕のある人が増えてくるので
自然と豪華な結婚式になるのかなと思います。



だけど、
経済的に余裕があるともてはやされ、つい財布のひもがゆるく
ならないようご用心かもしれません。お金をかけて、偉い人を
ご招待して、いかにも有名人?と変わらないようなことを
したくなるのもわかりますが、大事なことはこれからの
生活ですよね。



晩婚化ということは、当人にすればそう思いたくないし、
思われたくないもの。この部分はデリケートなところなので、
誰もがただただ祝福の一点で余計なことは沈黙かもしれません。


一方でだからこそ、
「こだわらない婚」が多くなる傾向にあると思います。
お金をかけない。これからの生活を加速させていく
うえでも、幸せの追い越し追い越せではないですが、
これからの生活のほうにお金をかけようと考えるのもうなずけます。




豪華にお金を使う、質実剛健に質素に、年相応、予算に応じて・・


十分大人なわけですから、当人及び親御さんのご意見を尊重し、
身の丈にあったもしくは、お世話になるこれからの方がたへの
配慮あるものをと思ったりします。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

「ゆっくり歩く人理由あり」-戒め・名言・行動基準 [戒め・名言・行動基準]

「ゆっくり歩く人理由あり」





高齢化社会と言われて久しい。
団塊の世代が定年の時期を迎える。

そんな言葉が時代の先端で、これから世の中どうなって
いくんだろうなんてね。

気がつけば何年過ぎたか。


混乱と情報の波が日ごとに起きれば消えての繰り返し。


年寄りが多くて若者が少なくて、
晩婚化がどうのこうの。


<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓




企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバーヘテムル



急げ!新ドメインは早いもの勝ち!






先日、いつものご年配の意地悪そうな男性がいる。

年を取ると人はガンコにするのか、こんな性格だから
人が寄らず余計ガンコに拍車がかかるのか。


「?」。



いつも偉そうに?ゆっくり人に向かってくるような
歩き方。人にケンカ売ってるのか!と勘違いしそうな
口を開けばプチカチンッ。

最近は気にもしてなかった。しかし、いつものパターンで
動作で近づいてくる。知らん顔していたが、チラッと。




「いつもより遅い?」
感じがした、歩き方が。


お店で用事をして、帰る途中だった。
それは一瞬の出来事だった!



「バンッ!!」



音は聞こえないが、
そんな感じで前のめりで倒れた。



近くにいた男性、私を含め状態の確認。


意識はある。完全に歩けない状態。


「大丈夫。車で帰る。救急車はいらない」


ガンコだ。


目の前で、ピストルで撃たれた人みたいに
倒れるのを見て黙っておれるか。



とにかく車に座らせ、楽にしてあげて、
救急車を待つ。


しかし、医療費や帰りのお金が心配なのか

「大丈夫。車で帰る」

ほんとにガンコだ。


「わかりましたよ。だけど少し休んでからね」
となだめた。



後は救急車来て、消防職員に任せた。




何か考え事しているかもしれない。


不幸事があって、気が落ち込んでるかもしれない。


会社で不始末してかもしれない。
精神不安な状態かもしれない。


失恋の最中かもしれない。



病気かもしれない。



考え事は、
早歩きでは難しい。考え事ができない。


よって、問題を出しながら、深堀し、どこが
悪かったのか、どうすればよいか、解決できるのか。

その速度によって、かなり深い部分の考えに入り込んでるかも
しれない。


考えながら歩くのと、
昔だったら、漫画読みながらよくウンコ踏むのと、
自転車のりながら、運転しながら、歩きながらスマホ
イジってるやつもいるが、この事例と似ている。変わらない。



スピードと集中。集中すればするほど遅くなり、
後ろから見ると、よくわからない動きだ。



標準は標準で、極めて情緒安定で普通の目的のために歩き、
年相応のスピードより、遅い場合、きっと何かあるぞ。


病気かもしれない、悩んでいるかもしれない。


ゆっくりは、何か考えている、歩きながら解決しようとしている。


自分の世界に入っている。




私は時々、運転しながらなんかノロノロだし、
ここは周りを意識するでしょ、普通と思う時がある。

過ぎ去りながらその車をみると、

「スマホか話し中か」だ。



今回は、少しゆっくりめの人の歩きの意識はどこにあるのか、
なんですが、


歩きながら、スピード落としても、
あっという間に時間過ぎるだけと思います。
歩きながらの解決はムダです。


ヒントがでたらせいぜいメモするか、
ケータイ、スマホにメモを残して、
お家でゆっくり考えたほうがよいかもです。


誰がどこでみてるかわかりません。


背筋伸ばし、静かに普通に前を向いて歩きましょう。



ちなみに私は、歩きながら目標を言うようにしています。


「体重〇〇kg、ウエスト〇〇cm絶対落とす!」を連続10回とか。



この記事を読んだ方は、
こちらの記事も合わせて読んでいます。

 ↓ ↓
「クツをそろえて並べる習慣」-戒め・名言・行動基準



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「クツをそろえて並べる習慣」-戒め・名言・行動基準 [戒め・名言・行動基準]

「クツをそろえて並べる習慣」-戒め・名言・行動基準




 朝のジョギングを行う。毎日の健康習慣で行っているものの
「毎日」の「習慣」は、改善や方法、いろいろ工夫が出てくる。

ついでにああしよう、こうしよう。時間と知恵と人間として
今、大事なことってなんだろうって。


<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓




レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、
独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB!
1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。


┏ ★緊急告知★ ━━━━━━━━━━┓
┃   とにかく早い者勝ち!    ┃
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2064SO+1JYSEY+50+2HENWZ   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



「クツをそろえて並べる習慣」


「いってきま~す」そして、「ただいま!」。これが人生であり、これが人生の縮図である。


元気にケガなく事故なく病気なく、無事に
家に戻ってくること。


これが「成功」と呼ばずなんという。


この小さな積み重ねが出来る人、

幸せで健康を手に入れる「成功」者ではないのかな。


無理して何して金だ地位だと。


いざ病気して、入院して家族親戚を心配させて。

気がつけばこの世から去って。





朝、家から出ますよね。

パーッ出たいし、いきなりケガもしたくない。

いつもの場所に出る方向にクツが向いていて、
いかにも「これからがんばりますよ!」って
心構えが違うよね。


それがさ、今日はあっち向いて、
明日はまた違う場所だったり、気がつけば
ポジションって大事だよね。

まずは、いつも同じ場所、自分の定位置。

いつも一緒」なら、次は

いつも洗った気持ちいい」クツを履きたい。

汚れも匂いもだんだんわかるし、きれいにしたいって
気持ちになる。

だから、週末は必ずクツを洗うっていうことを考える。



そんな「いい習慣」をひとつずつ増やしていきたいものです。



いつも

そろえて

新品の時とかわらない

状態で大切にしたい。





だれが


どこで



いつも


どこを見ているかわからないものです。


自分の


・言動か

・髪型か

・髭剃りの後か

・服が汗で臭いと思っているのか

・目が沈んでいる

・昨日と同じ

・口臭かも




自分の意識している部分、気にしている部分ほど

言わなくても「ソフトテレパシー」として、

同じ人間だから、その部分に対し、関心がいくものです。



家を出る時の心構えというか、


いつも出る準備の中にひとつの「いい習慣」を
身につけて、どんな波にも無事に乗りこなし、
無事に家路に戻ってきてほしい。

これは親心です。本当にいつも余計かもしれませんが、
そればっかりを祈るものです。


そして、無事に帰って来たら、またちゃんと
足元を見て、クツかかとをそろえて、並べて置く。


これは「精神の安定感」をつくる技術だと思います。


だれだって、嫌なことがある。

だれだって、自分に問題は毎日降りかかる。
これに打ち勝って今がある。だれだって。



それをいとも簡単に解決できる準備として
「平常心」や「冷静さ」「忍耐力」など、
解決能力を高める方法が


「クツをそろえて並べる」ことに秘密があるように
思います。


すべての解決の糸口、精神の安定、元気力など


それでも、明日はもっとよくなる

明日も、幸せ健康でい続ける。


そんな準備と解決の準備であり糸口は、
いつものクツの状態にあるように思います。


この記事を読んだ方は、
こちらの記事も合わせて読んでいます。
 ↓ ↓
「危険はいつも隣り合わせ」-戒め・名言・行動基準



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「危険はいつも隣り合わせ」-戒め・名言・行動基準 [戒め・名言・行動基準]

「危険はいつも隣り合わせ」-戒め・名言・行動基準




何でもない日、静かな心もおだやかないつもの日。
今生きてるけど、次の瞬間っていうのがつきもの。


<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓





WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル









「危険はいつも隣り合わせ」


現場に到着。

前の日、飲み過ぎた朝でもない。
ただただ淡々と
「今日もがんばる、目標を達成する」。


そんなよくある一日。
悩んでいるわけでも、特別深く考え事
していたわけでもない。



しかし、
「問題解決」というか、


人は日々何かしら問題が発生すものである。


こんな大事件がニュースとなった。もう大変!
どうなるんだろう。日本は国は経済は・・

窮地の精神状態。日が過ぎればまたまた事件が。

あんなことこんなことテレビ新聞にニュースになる
大きな話題でも事欠かない。

自分自身の身に何かが起きてないようで
小さすぎるのか、先延ばししているのか、
常に何かが起きているのが人であり、自分自身そのものなのだ。


話しは戻るが、


私の愛車、自家用軽は、常に荷物がいっぱい。
整理されているが、いっぱい。
用心しながら、慎重に荷物を下ろす。


俺って、一体何考えているのか、そして、
何を悩んでいるのか分からないけど、
溜まっている。


おそらく精神的に溜まっている。

どんな不幸なことが身近に起こっても
淡々と「仕事」だからと割り切ってきた。

ある意味、精神的にも強い大人である。


しかし、

だからといって解決「できる」ことと

解決「できない」ことがあるものだ。


目に見えない解決「できない」ものが
ふとか、一瞬かわからないけど、


思い起こす瞬間、

考える瞬間って誰にでもあると思う。


俺はふと考え事をしていたのか、

車の後ろ荷物を下ろし終えたあと、
ドア閉めると言って、いつもなら
ドアの中央に立つものを、

ドアの左端側に立って、ドアの角に頭が突き刺さり
ガツン」です。


「オー!!」顔と心が同時に叫んでいます。

痛いのなんの。


やはり、予想通り「血」が出ていました。


たわいもないことですが、


解決「できない」ことでさえ、

年齢を重ねればだれもが積もり積もっている。


さらに誰か病人を抱えたり、介護がいたり、
それ以外にも何か問題が発生していたり。


だからこそ「集中」が大事ですよね。

運転しながら、だからこそラジオをかけない。
歌わない、電話しないなど集中の妨げとなることを
しないようにしています。


ひょっこり、故人を思いだす瞬間が
魔がさす瞬間にかわらないよう、

色んな解決「できる」ものは、バンバン解決して、
悩みを持ったまま日常を過ごすと、集中の妨げになり
思わぬ事故や不摂生、病気につながるものです。


誰しもが自分に今ある問題は、ある意味自分だけにしか
起こらない、今の自分に必要だからこそ起きているもの。


問題はほぼ毎日、そして一生その年代に応じたことが
起こります。

「問題」に悩んで集中を欠いた状態でいるとさらに輪を
かけてあらたに発生するかもしれません。


問題解決能力を上げよう。気づけ!

もしかしたら、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)という
部分、足元をしっかりしようということかもです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「勘ピューターを信じる。経験を信じる」-戒め・名言・行動基準 [戒め・名言・行動基準]

「勘ピューターを信じる。経験を信じる」-戒め・名言・行動基準





 どんなにかっこいい名言を知っていようが、しゃべろうが
自分とその人は違う。微妙に違い、しかし、微妙に近い。



<注目キーワード>
  ↓ ↓ ↓

背番号3 100科事典 [ 加治佐おいどん ]
価格:1028円(税込、送料無料)





企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバーヘテムル



急げ!新ドメインは早いもの勝ち!




「勘ピューターを信じる。経験を信じる」


 過去の経験則やマニュアルに準じて、発言したり行動したり
コピペすれば簡単な今の世の中。しかし、パクリはプロの世界で
通用するどころか仕事を失う。


 子どもの時、飛んだり跳ねたり、大いにケガして
今じゃ考えられない遊びをしたり。気がつけば
中学高校大学同じことのようで一日一日違うこと、
違う自分を演じ、失敗した経験ばかりが多く、
日記は常に「反省」のためのものだったように思います。

それは今も変わらないかもしれない。

大やけどもいっぱいいっぱいした。女事、酒事、博打事・・


車の事故に病気やケガに手術・・

大学で借りた奨学金の長年にわたりついに完済した
自分への信頼。


これが本当はスゴイはずなのにまったくスゴイと感じず、
何がスゴクて何がスゴクないのか。迷いに迷っての人生迷路。


これが目指した人生なのか、これで納得いくのか、
これでいいのか。。こんなことばかりいつもいつも思い
つつ人生を歩んでいる。

いつもついて回る自分の「」や「負い目」は何なのか。


未だよくわからない・・


健康面、精神面、プライベートに仕事と
さまざまなホラの結果、何を成し遂げ何が今そこにあるのか。

自分という空虚感。形はあるが「風」や「自然体」のような
自然界の一部のような存在。



あせる自分。なにも実は持っていない自分。



俺の経験が紆余曲折し、軌道修正しながら、少なくても
今の自分を創っている。


幸せと健康を求める結果、


何十年とかけてきた人生感覚
おそらく10年以上やり続けてきたものは、
ほぼ形になっており、「しくみ」ができているはずです。



思考回路は、何かをやろうとするときに

「決断」をすれば、良い結果を生み出すであろうことを。


慎重になり過ぎて、考えがまとまらず、
どうしようかどうしようかと時間をいくらかけても


まず、必ず「うまくいく」でしょう。


人は「うまくいく」ための
経験を知らず知らずやるものだと思います。


理想の自分をいつも考えているのなら、
おそらく多くの試練が今まであったことでしょう。


やれば「必ず成功する」


そんなしくみはもうできあがっているはずです。


あとは、「決断」あるのみだと思います。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び