So-net無料ブログ作成
検索選択

藍 きょうから現役最終戦エビアン、新たなはじまりでもある  [スポーツ ゴルフ]

スポンサーリンク




藍 きょうから現役最終戦エビアン、新たなはじまりでもある



藍 きょうから現役最終戦エビアン、新たなはじまりでもある


高校卒業後、プロ入り
沖縄ダイキン女子で「初優勝」と、
華々しいデビューの18歳。

イメージは変わらないけど、
もう32歳。

ゴルフの現役終わっても、
お父さんをはじめ家族での生活、
結婚のこと。

普通の人がやる炊事洗濯に親の面倒。
これから誰かがではなく、自分がやらないと
いけない新たなはじまりが待っている。

とにもかくにも、
エビアンは現役最後、頑張れ!!



桐生がついに9秒台!世界で126人目、日本で初


藍「出るからにはV」

フランス南東部エビアンで、
きょう14日から第1ラウンドが始まる。


パットなどを入念に練習し
準備は整った。素晴らしい時間を過ごしたい。
出るからには優勝しか見ていない」と
悲願のメジャー制覇へ変わらない闘志を見せた。


しかし、目標は一つでも、言った以上の
努力が要求される。若手の台頭もある。

どんだけの準備をしてきたか見ものである。


2009年エビアンで藍は優勝した。初優勝では
「最後のパットで手が震えた」と思い出を語っています。


今年はコンディションもいいし、失うものもないから、
アグレッシブにいきたい」と語る藍。


予選ラウンドの同伴競技者を選ぶ特権を与えられ、
ポーラ・クリーマー(米国)と曽雅妮(台湾)を選んだ。


高校生でツアー勝利したポーラは境遇が(自分と)
似ている。雅妮は、「彼女は16歳の時に日本で回って
すごい選手だと思った」とライバルたちの魅力を語った。


ところで、
日本勢の同じ沖縄の上原彩子出場するのに
選んでほしかったな~。個人的には。




12年支えたキャディー シーボーン氏

米ツアー参戦の2006年から12年にわたる
戦いを支えたのは英国人キャディー、
ミック・シーボーン氏(51)。

一番の思い出は「09年のエビアン優勝」と即答。

当然ながら、
悪夢のような試合も。


でも一番思うのは、
日本人女子。小柄な身体で世界ランキング1位に
なったことは多くの選手に夢を与えた。
彼女と働けて本当に良かった」と敬意を表し、
最後の試合に挑む。


藍は優勝を望むと言ってるが、
そのつもりでどう攻め、どんな
技術を経験を見せてくるかが楽しみ。


ファンサービスの面もあるでしょうから、
果たして試合に集中できるのかな。


望むのは、
ウチナーパワーを発揮してほしい。


頭ではなく心で最後はゴルフを締めて欲しい。



この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでいます。
   ↓↓↓
睡眠障害とは?不眠症 過眠症







力がなくても力を出せる! 宮里藍の魔法のリズム (ゴルフダイジェスト文庫)

力がなくても力を出せる! 宮里藍の魔法のリズム (ゴルフダイジェスト文庫)

  • 作者: 宮里優
  • 出版社/メーカー: ゴルフダイジェスト社
  • 発売日: 2012/03/15
  • メディア: 文庫




















スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。