So-net無料ブログ作成

ボクシング比嘉大吾選手が故郷・浦添の中山王に!? [スポーツ]

スポンサーリンク




ボクシング比嘉大吾選手が故郷・浦添の中山王に!?



ボクシング比嘉大吾選手が故郷・浦添の中山王に!?



時の人、
ボクシングの比嘉大吾選手が、
故郷・浦添の王様になった話です。


南国特有のほりの深い顔立ち、
ボクシング特有の闘志あふれる
顔がどう威厳を博したか見ものです。



白鵬の通算1048勝単独1位!名古屋場所、今日にも優勝か!?


比嘉選手、中山王に 浦添てだこ祭り


浦添市の浦添運動公園で22日開催された
第40回てだこ祭りに、世界ボクシング
評議会(WBC)フライ級王者、
比嘉大吾選手(21)=同市出身=
が登場しました。


祭りの最大の見せ場となった「浦添
三大王統まつり」の行列に
中山王役の比嘉選手が現れると、
観客から大歓声が上がりました。



南国特有の顔立ちの王様の威厳は?

王冠をかぶり、真紅の衣装を
身にまとった比嘉選手は、
真剣な表情でゆっくりと行進して
中山王の威厳を体現しました。

近くで見た人は
本物の王様見たいだった」と目を輝かせた。


お祭りでの浦添三大王統「中山王」役でしたが、
統一王と今の自分の世界チャンピオンという
立場と重なりどんな思いがよぎったのでしょう。



スーパースターになりたい!!!


行列を終え、ステージに登場した
比嘉選手は
浦添出身で良かったと思った。
 スーパースターになりたい


若干21歳。夢も希望も大きかった。しかし、
リアルな現実を体現した比嘉大吾選手の
一言だけにこれは聞いて若者は重い一言
だったでしょう。

俺も、私もできる!かもと。


王様に扮した比嘉選手が感じたものは、
「尊敬」とは一体何か。
人の上に君臨することは力だけではない。

努力によってひとつずつ積み重ねてきた
制した者に与えられるもの、正当に
努力し正々堂々と戦い、自分が成しえた
世界チャンピオンというものがいかに人に
影響を与えているか。


中山王に扮しつつも、今の自分の置かれている
立場の凄さと立ち居振る舞いについての謙虚さが
あらためて感じたものになったかもしれません。


この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでいます。
   ↓↓↓
生涯「泰然自若」かかげ白鵬1047勝!王手にあとひとつにみる凄みに感動する。

生活に筋トレを どこでもいつでも鍛えまくろう!

全英OP松山5度目の挑戦 優勝が当たり前!?が普通に思えています

記憶と記録、涙と歓喜の名古屋場所、宇良にもらい泣き白鵬の歴史的快挙あり

甲子園一番乗りは我喜屋「興南」。猛打爆発、度胸の一年生ピッチャー


















スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました